botの片手間

人の貴重な時間を1秒で多く奪うブログを目指しています。 ついでに日記代わりにもなってます。ご連絡は Twitterのアカウント @bot03326406 のDMの方でオナシャス

サービス残業とかいう悪の風習

労働してる方は業種に寄りますが、殆どの方が残業されてるをしてると思います。

残業するのは良いとして、その残業代が払われない「サービス残業」と言うものがあり社会問題化してますが、全くなくなることがない悪の風習となっています。

「小さい会社だけがこういうことをするイメージがあり大企業は福利厚生がしっかりしていてだいじょうV 」っと考える方もいるとは思いますが、全然そんなことはありません。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

サービス残業というのは風習として出来てくるものでありまして、経営者と労働のパワーバランスが常に経営者>労働者であるからこそこういった給料泥棒的な事が出来てしまいます。つまり労働者が経営者と戦うにはパワーが足りないわけです。

とはいえデカイ組織に正面から喧嘩するのはいくらなんでもアホ過ぎるし、「正しい道理のために自己を犠牲にする」といった福沢諭吉的発想では自分が救われないので権力には権力で対抗するべきであると思います。

 

そこで使うべき手段としましては労働基準監督署となっています。

 

労働基準監督署のイラスト

 

ここでは労働の相談からなんでもやってくれるんですが、特に効果的だなと思ったのは、申告監督という制度です。

この申告監督の便利なところは匿名で労働基準監督署を動かす便利な機能となっており、誰がチクったかがわからなくやってくれます。

詳しくはこちらのサイトを見て下さい

 

www.roukitaisaku.com

 

まあコレをするときには証拠品が無くても調査はしてくれるんでしょうけど、証拠があればあるほど労基署も踏み込みやすくやってくれます。

ということで給料明細や雇用契約書といった基本的にもらえる書類や、タイムカードやない場合は手帳に労働時間を書くなりして常に保管をする癖を付けて言ったほうが便利だということです。