botの片手間

人の貴重な時間を1秒で多く奪うブログを目指しています。 ついでに日記代わりにもなってます。ご連絡は Twitterのアカウント @bot03326406 のDMの方でオナシャス

体内ICチップのサービスがついに開始されました。

過去にICチップのサービスのブログを書いたのですが、そのサービスがついに開始されたそうです。

 

nraneko-cat.hatenablog.com

 

techable.jp

 

今まではカードで「ピッ」っかざしてやっていたのですが、ついに体内にマイクロチップを埋め込んで「ピッ」とやるだけの時代になりました。

コレの便利なところはカードとは違い無くさないと言った利点とじゃまにならないといった部分でしょう。

ちなみにスウェーデンでは既に1500人から2000人近くがマイクロチップを埋め込んでるそうですね。

 

このサービスは日本で使われるとすれば、やはりSuicaが最初にヤるのですかね?SuicaはApplePay新しいイノベーションに対してしっかり取り入れていく会社ですので早く始めていって頂きたい。

 

今までは、人間が機械を扱うという生活ばかりだったのですが、コレからは体内に機械を埋め込むロボット人間的時代になっていくのではと思います。

 

サイボーグのイラスト

 

僕的には脳の左半分をロボット化してもいいと思います。なぜなら脳の左脳部分に関しては「計算や言語、時間などの論理的な思考の部分」の役割を果たしているからです。

 

※最近の研究では左脳右脳の役割をそんなにざっくり言い切れないという研究結果があります。ボツにしたくないので、今回はガン無視します。

 

この左脳の部分に関してはよくパソコンで例えられることも多く、Microsoftのサイトでも「パソコンのCPUのような働きをします。」と書かれるぐらいパソコンの機能と類似することになります。

 

左脳と右脳のそれぞれの役割

 

ということは現在のDeep Learningといった学習する能力と既存の能力を常にインターネットで繋いとけば、人間の左脳より記憶も削除も秒速で出来る超絶ハイパー人間になるのでは無いのかな?と思う時代が来る事になります。

これからは改造人間ではないと世の中生きにくくなってくるとなるとこれから人間はどうなっていくのかを楽しみになりますね。。