botの片手間

人の貴重な時間を1秒で多く奪うブログを目指しています。 ついでに日記代わりにもなってます。ご連絡は Twitterのアカウント @bot03326406 のDMの方でオナシャス

THAADの報復の結果、資生堂が儲けてしまったらしい。

最近ではニュースソースをGunosyやLINEニュースだけではなく、外国の日本語翻訳のニュースに手を出すようにしました。

何故手を出したかというと、ネタ切れ対策です はい。

 

japanese.joins.com

 

japanese.joins.com

 

記事によりますと、資生堂は2012年13年の尖閣諸島問題によって、中国の日本製品不破運動をされて売上が半分近く削られたそうですね。

しかし我らが資生堂は起死回生の手として、市場を大きく広げることで中国一辺倒ではなく、アメリカやイタリヤにまで手を伸ばしといった市場の多角化をすることで乗り切ることが出来ました。

 

会社のキャラクター(元気)

 

話をもとに戻します。

今回なぜ資生堂が儲けてしまったが儲けてしまったのかというと、韓国がTHAADを配置したからです。この設置を中国はなぜか嫌がってたのですが、設置をしたため報復措置として「限韓令(韓流禁止令)」と呼ばれるな措置を取った結果韓国の製品の売上が下がり、そのかわりに資生堂が儲けてしまったという話なのです。

 

ちなみに韓流禁止令の結果がこんな感じとなっ通ります。

中国人観光客が消えた明洞-Chosun online 朝鮮日報

 

 

しかし、化粧品業界自体の売上は上がっているそうです。

中国の「報復」にも化粧品輸出好調 上半期は前年比2割増=韓国-Chosun online 朝鮮日報

 

どちらにせよ資生堂が儲けたのは事実でしょうから日本からするとどうでもいいですけど…。