botの片手間

人の貴重な時間を1秒で多く奪うブログを目指しています。 ついでに日記代わりにもなってます。ご連絡は Twitterのアカウント @bot03326406 のDMの方でオナシャス

炎上の怖いところは、拡散じゃなくてネットに大量の記録が残ること。

ツイッターFacebookというインターネットを使っている以上避けては通れなくなっているものは炎上という現象です。

その炎上で参加する人数はかなりの少ないと言った記事を貼ります。

 

www.huffingtonpost.jp

 

記事を見るとアンケートで炎上に参加する意志があるかといったアンケートをとりその結果これだけの人数しか参加してないといったことがわかります。

 

ネット炎上のイラスト

 

2.8%という人数は比較的に少ないのかもしれませんが、炎上の本当の怖さはそこじゃないと思うんですよ。ネットの怖さは炎上ではなく炎上による書き込みが消されずに放置されていくということです。

そういうのをいわばデジタルタトゥーと言われていて、まあ簡単に言うと書き込みが一生消えないという現象です。

 

デジタルタトゥーとは - IT用語辞典 Weblio辞書

 

コレの怖いところはそのネットユーザーをGoogleで検索をかければ、その人が昔何をしたのかが出ると言った言うところです。場合によってはそのネットユーザーの実名が書き込まれる時もあります。つまり、実名を検索をかけられたら「その人が昔、こういったネット名を使いこんな悪いことがしてた」ということがわかります。もしInstagramとか画像共有サイト顔写真を上げてると「その人が昔、こういったネット名を使いこんな悪いことがしてて、+顔写真はこれです。」といった身バレ顔バレ悪さバレといった3重苦を背負うということになります。

もしこうなれば就職活動や転職活動で明らかなマイナスにもなりますし、身分を調べる不動産や銀行口座つくるといったことにすら影響があります。

そういった人に対して逆SEO対策とか言った規約に違反するやり方で検索したランキングを奥に追いやるテクニックもあるんですが、正直それが通用するのはGoogleの検索に弱い人だけなんですよ。例えば就職活動をして履歴書を出す時におそらく現代なら間違えなく人事の人はGoogleで検索をかけると思います。それで昔ネットで炎上してさらし者になってる実名太郎くんの名前を"実名太郎"といったダブルクオーテーション検索を使われたりすると、いくら下げたってピンポイントでヒットします。

 

Googleの検索方法と検索オプション、テクニックまとめ | 株式会社LIG

 

僕的にはネットで炎上をして、それをチャラにして生きていくには最低限住所と名前を変える必要があると思います。住所はともかく名前を変えることがなぜ必要かというと、個人情報として唯一変えられるものだからです。生年月日とかは変えることが出来ませんが、名前だけは変えられます。名前を変えたらネット検索では前の名前では出ないので第二の人生としてまっとうすることが出来ます。

 

※名前を変え方はこちらのサイトを見てください。

名前を変える方法は?変更できた具体例とともに紹介! | | TRENDERS NET

 

ということで炎上をしてログに死ぬほど残るような地獄絵図になったら住所と名前をかえて人生を変えましょう。

 

psネット炎上で実名を変える事が出来るのかは不明です。そのへんは弁護士先生に聞いてください。