botの片手間

人の貴重な時間を1秒で多く奪うブログを目指しています。 ついでに日記代わりにもなってます。ご連絡は Twitterのアカウント @bot03326406 のDMの方でオナシャス

交渉ですらAIに取って代わるという事実について

人生において交渉というのは、結構大きくウエイトが占めています。例えばお小遣いやほしいものが欲しいときのお願いや示談交渉とか人と関わり利害が関わればほとんど交渉ということになります。

 

この人間の譲れないところと譲れるというすり合わせですらbotに移り変わるという記事が出ていました。

 

www.newsweekjapan.jp

 

この交渉事でどうしても必要になってくるのは、ブラフの部分です。それはホントはこういったことをされるのは嫌やけど、「全然問題ないですよ。」とハッタリをしたり、ホントはそれへんが妥協点だとわかっているのにイヤイヤ認めるといった心理戦が重要になってくるんですが、コレのすごいところはそう言ったブラフの部分をAIが読み取ってしまうやすごい機能になってます。

人工知能と喧嘩をする人のイラスト

 

となると常に最適な手を打っていくぐらい厄介な仕様になってきますから一般人では全く太刀打ちできなくなります。将棋の激務のレベルマックスのCPUには太刀打ちできません。※経験ある方も多いんじゃないですかw

プロですら一流プロですら今のロボットには勝てないですから、将来的にはAI vs AIの交渉にすべて取って代わられる事がわかります。

 

現役名人がコンピューターに負けた。将棋電王戦が、人間同士と違う部分。 - その他スポーツ - Number Web - ナンバー

 

AIとAIで戦った結果勝つのは心理的なものではなく、スペック力と情報処理と情報効率といった機械的な部分になってくるので、最終的に最強の交渉人botを作るのはインターネットの発祥で覇者であり、一番稼いでいる国のアメリカになってるんじゃないのか?って言うのが僕の予想です。

 

話をもとに戻しますと、人間の仕事は結局はドンドンなくなっていくんでしょうねえとなんか楽にはなったけど寂しくなってきた話です。